不動産とは

不動産とはどんなものなのか

不動産というのを簡単に説明しますと、戸建て住宅、マンション、アパート、ビル、駐車場、創庫、プレハブ、トランクルーム、駐輪場、店舗などといった建物関係に関するものをいいます。この様に不動産と言っても多種多様になっているので、不動産ということで勘違いする方もいるため注意しましょう。ほとんどの方の不動産というのは、家をイメージするかと思います。戸建て住宅・マンション・アパートといった住居がメインになっていることが多いです。住居としてイメージしているかと思いますが、生活していく上で必要なことは、住居に関する不動産をどのように接していくかになります。このように説明自体も気を付けて行っていくことで、会話がスムーズになります。

どのような物件がいいのか

住居でどのような不動産が良いのかということになります。基本的にお得な物件なのは中古物件になりますが、これは価格帯が安いということになります。安くて価値のある物件に住むことによって売却時もお得になるからです。購入時には売却のことも考えないので後先考えずに購入するのはやめましょう。価値の高いエリアは都心部、郊外になるにつれて価値が下がっていく傾向になっています。また、戸建てもいいのですがマンションも価値が高くなっています。管理費が高いということで懸念されていますが、木造に比べてマンションのRCというのは鉄筋コンクリートなので長持ちします。このようなことか保険等の費用も変わってきますので、注意しましょう。