投資用の購入

これまでは住宅用に購入することが多かったのですが、最近は投資用の購入が増えています。

これまで個人で不動産を持つ場合は自宅用に購入することが多かったです。しかしながら近年では不動産価値が以前に比べて価格が抑えられている傾向にあるため、不動産投資を行なう方が増えています。不動産投資の方法も多様化し、不動産価格の売買差益を狙う投資から住宅を貸し出し、賃貸収入を得る投資があり、特に賃貸収入を得る投資が長期で利益を得ることができる投資として活用する方が増えています。さらにこのような需要から事業者でも個人への支援サービスの充実を進めているため、利用しやすい環境もあります。また、投資を行う方の年代も以前は、高齢者や富裕層が多かったのですが、最近では若い世代や中所得者などこれまで投資自体を行ったことがない方の利用が増加しています。

不動産は、今後海外への投資が増えると予測されます。

個人の不動産に関しての今後の動向として海外への投資がより増えると予測されます。最近は個人の海外への不動産投資が人気があり、特に賃貸収入を得る不動産投資の利用が増加傾向にあります。海外は特に日本人が多く訪れるリゾート地が多いです。その理由としてリゾート地は物価の変動が安定しているため、不動産価値が極端に下がることがないことです。また、日本企業も参入していることが多いので、日本人に貸し出すことができるので安定した収益が見込めます。そして、日本の事業者が管理してくれるケースや日本にいながら物件を購入できるなど利便性が高まっているので、利用しやすくなっています。このため、今後更に不動産投資を行う方が増えると考えられます。