不動産も上昇

株式も不動産も上昇しています

株価が全般的に底値を切り上げてきています。個人のみならず、国内の機関投資家や外国人投資家が積極的に投資をしているからです。株価の上昇に伴い、不動産価格も上昇してきました。株式投資である程度利益を上げた人がその利益を不動産投資に振り向け、安定収益を確保しようとする動きがあります。また、インフレーションの気配を感じ取り、今まで投資に慎重だった人々がじわじわとお金を動かし始めているということも価格の上昇に影響しています。株式や不動産の価格上昇を受け、資産運用に興味を持ち始める人も増えてきました。証券会社が行う株式投資セミナーや不動産会社が行う不動産投資セミナーは満員となるケースも多くかなりの人気になっています。

下落後に投資をしよう

これまで株式市場や不動産市場は価格の上昇と下落を繰り返してきました。株式市場では特定の分野の銘柄が盛んに買われることも多く、一部だけバブルの様相を呈しているような時期もしばしばみられました。不動産については新興ディベロッパーが不動産を買い漁り、利回りを無視した不動産投資が横行したこともありました。しかしながら、このようなバブル的な要素が発生した後には必ずと言ってよいほど、急落があります。賢い投資家はこのような急落した後に、しっかりと優良銘柄や優良物件を拾っていくのです。現に、新興ディベロッパーが資金繰りに窮し、破綻した後には大手ディベロッパーや大手総合不動産会社が格安で収益物件などを手に入れていました。